②正しい妊活法を知っていますか?

正しい妊活法

正しい妊活法できていますか?
第1回では、男性不妊の原因について紹介してきました。第2回では正しい妊活方法を紹介していきます。

実は子を授かるためには、ただ漫然と性行為をすればいいというわけではありません。
妊娠はタイミングがとても重要。
男性が準備OKでも、女性の身体が準備できていないこともあります。

「自分がリードしなくては」と思っている人は特に責任を感じているはずです。
そのためにも、正しい妊活方法の知識を把握しておく必要があります。

性行為をしているにもかかわらず不妊に陥っている人は、正しい妊活方法をチェックしていきましょう!

【妊活でやるべきこと】
・性行為の回数を増やす
・排卵チェッカーを使用してみる
・TENGAルーペで精子の動きを見てみる
・栄養をしっかりとること(特に亜鉛)
・子作りEDにはED治療薬を使用する

性行為の回数を増やす理由

性行為を増やす理由

正しい妊活法では、排卵予定の5日前~排卵予定日後の2日間は毎日性行為をもつことが推奨されています。

排卵とは、女性の身体が「妊娠できます!」という状態を作る期間のこと。
卵子が卵巣から排卵され、タイミング良く精子と出会うと妊娠となります。しかし、そのまま精子と出会わずに剥がれ落ちる現象を生理と呼んでいるのです。

実際に排卵が起こっているタイミングは、予定日から数日ずれていることが多く、「排卵日に性行為をしたからOK」とも言い切れません。
そのため、排卵予定がある5日前~排卵予定後の2日間は性行為をし、妊娠の可能性をアップさせる必要があります。
性欲に限界がある人は、2~3日に1回の間隔で性行為をしてみましょう。

ただし、男性の中には「今日も頑張らないといけないのか」とプレッシャーに感じる人もいます。
女性側も月によってコンディションに変動が生まれ、男女間に亀裂が入る場合も。
そのため妊活とは関係なく、普段から週3回は性行為をするように習慣づけておくことが推奨されています。

排卵チェッカーで排卵日を確認しよう

女性の排卵日は個人差があり、非常にタイミングがつかみにくいという点があります。
しかし、正しい妊活を遂行するためには排卵日を正しく見極めることが非常に重要となってきます。

生理が始まった日を1日目と数え、14日目が排卵日となります。生理が始まった日から2週間後に排卵が起こると考えられていますが、これも個人差があるため一概に言い切れません。

男性からすると女性に排卵日のことを聞きにくいと感じるかもしれません。
しかし排卵日と思って性行為の数を増やしたのにもかかわらず、まったく妊娠する気配がないということはタイミングがズレているということも十分にあり得ます。

そのような事態を引き起こさないためにも、女性の排卵日はしっかり把握しておくことが大切です。
そこでオススメしたいのが、排卵チェッカー。

排卵チェッカー

薬剤師が従事している薬局やAmazonで購入できます。第1類医薬品なので、薬剤師とのやりとりが必要です。
そのためパートナーに相談して、使用する本人に買ってもらいましょう。

TENGAルーペで精子の動きを見よう

男性不妊の原因である精液問題。

・自分の精液は本当に機能しているのか?
・自分にも原因があるかも

と思っている男性には、簡易的に精子の動きをチェックできるTENGAルーペを活用してみましょう。

テンガルーペ

TENGAルーペは、スマホのカメラ機能を使って簡単に自分の精子状況をチェックできます。
価格も2,000円以下と、購入しやすい価格設定。
実際、自分自身の精子を見て自信が湧き、生活習慣を見直したり不妊治療を受けるきっかけになったという人もいるようです。

自分の精子状況を知りたい人は、TENGAルーペを活用してみましょう。

子作りEDで勃起しない!そんな時はED治療薬

男性不妊の原因の中には、子作りEDがあることを知っていますか?
EDは男性にとってなりたくない病気ですよね。
実は「妊活をしなければ」というプレッシャーから、パートナーを目の前にすると全く性器が勃起しないという事態に陥ることも。

医学界隈ではこの現象のことを子作りEDと呼んでおり、心理的な問題からEDのような症状を発症してしまいます。

そんな時はED治療薬の力を借りるという手もあります。

血行促進作用によって勃起力をサポートし、性行為に対してのネガティブさを排除してくれるかもしれません。
もちろん強制的に勃起するのではなく、性欲や性的刺激は必要不可欠です。
また、EDだけでなく早漏症状にも悩まされている人もいるはず。
そんな時は、勃起力と早漏防止の効果を持つスーパーカマグラの力を借りみるといいかもしれません。
1錠に勃起力と早漏防止効果を持つ成分を配合しているため一石二鳥な薬でもあります。

SNSでもご購読できます。